日本ロシア文学会
 
日本ロシア文学会賞(2017年度)
受賞候補者推薦のお願い 


締め切り:2017年1月31日(火)

詳細はこちらをごらんください。
 
日本ロシア文学会大賞(2017年度)
受賞候補者推薦のお願い

締め切り:2016年12月31日(土)

詳細はこちらをごらんください。
 
『ロシア語ロシア文学研究』第49号
投稿エントリーのお知らせ

会誌『ロシア語ロシア文学研究』
第49号(2017年10月刊行予定)
への投稿エントリー
2016年11月30日(水)を以て
締め切りました。
 
学会関連その他の催し
 
掲載依頼・情報の窓口
 
学会誌『ロシア語ロシア文学研究』
第48号:学会誌48号
 
支部報『関東支部報』第34号:
関東支部報34号
 
第66回定例総会・研究発表会

第66回定例総会・研究発表会は
10月22日(土)23日(日)の両日
北海道大学のうちに閉会しました。
詳細はこちらからご覧ください。
 

日本ロシア文学会事務局

〒263-8522
千葉市稲毛区弥生町1-33
千葉大学文学部
鳥山祐介研究室気付
日本ロシア文学会事務局


Tel/Fax: 043-290-3762
Faxの場合は「鳥山祐介
研究室内日本ロシア文学会
事務局」と明記してください。


E-mail: 事務局へのご連絡

 
学会HPの旧版
(2004年2月-2010年5月)は
こちらからご覧頂けます。
 
オンラインユーザー5人
843544
 

枠を広げて:札幌での第66回大会を振り返って 学会長 望月哲男


このたび北海道大学で行われた日本ロシア文学会第66回大会(2016年10月22・23日)は、研究発表会の風景の刷新という意味で、記憶すべき催しとなりました。

一番の特徴は、昨年度から導入された国際参加枠での発表者の増加で、前回大会ではロシアからの1名だけだったこの枠での発表者が、今回ロシア、韓国、台湾から計8名と一挙に増えました。その他企画パネルへの参加者も含めると、国外からの大会参加者は総計11名に上りました。国内の会員による個別発表や企画パネルもきわめて多く、結果的に、個別発表総数48、企画パネル数4(ブロック数計23)という規模になりました。昨年度は個別発表総数29、企画パネル数2でしたので、7割ほど発表数が増えた計算になります。

 

新着情報 Новости

 RSS
学問、芸術および啓蒙について 考訂定本・翻訳・原典批評12/09 12:49
国際若手セミナー「文学と芸術における自伝的神話」12/08 05:48
国際若手セミナー「文学と芸術における自伝的神話」 2017年4月26ー27日、世界文学研究所(モスクワ)で若手研究者セミナー「文学と芸術における自伝的神話」が開催されます。外国の若手研究者(ポスドク・院生含む)の参加を歓迎するとの...
シンポジウム「社会主義リアリズムの国際比較」12/06 18:23
シンポジウム「社会主義リアリズムの国際比較」が催されます。 詳細は次のPDFファイルをご覧ください:SR Poster .pdf 日時:2016年12月18日(日)13:00ー17:10 会場:東京大学駒場キャンパス18号館4階コラ...
「2017年度日本ロシア文学会賞」候補ご推薦のお願い12/02 01:21
日本ロシア文学会では、会員による研究を奨励するため、日本ロシア文学会賞を設けています。 つきましては、下記の要領で候補作をご推薦くださいますようお願い申し上げます。 1.推薦要件、対象者、対象期間について 【推薦要件】 「...
劇団銅鑼 「彼の街」ーチェーホフ短編集よりー11/30 14:30
劇団銅鑼 創立45周年記念公演第1弾 「彼の街」ーチェーホフ短編集よりー 作 青木豪 演出 大谷賢治郎(company ma) 2017/03/15-20 六本木・俳優座劇場 チケット発売日 12月15日(木)10時ー 助成:文...

学会からのお知らせ Мероприятия ЯАР

学会からのお知らせ Мероприятия ЯАР
12345
2016/12/08new

国際若手セミナー「文学と芸術における自伝的神話」

Tweet ThisSend to Facebook | by yaar
国際若手セミナー「文学と芸術における自伝的神話」

2017年4月26ー27日、世界文学研究所(モスクワ)で若手研究者セミナー「文学と芸術における自伝的神話」が開催されます。外国の若手研究者(ポスドク・院生含む)の参加を歓迎するとのことです。

エントリー締切は2017年3月10日です。

詳しくは次のファイルをご覧ください:Инф.письмо_2017.docx

国際交流委員会

05:48 | 国際交流委員会
2016/12/02

「2017年度日本ロシア文学会賞」候補ご推薦のお願い

Tweet ThisSend to Facebook | by yaar
日本ロシア文学会では、会員による研究を奨励するため、日本ロシア文学会賞を設けています。

つきましては、下記の要領で候補作をご推薦くださいますようお願い申し上げます。

1.推薦要件、対象者、対象期間について

【推薦要件】
「日本ロシア文学会賞選考要領」を参照の上ご推薦ください。

【対象者】
論文の場合は、基本的に若手・新進の学会員を対象とします。明確な年齢の基準は設けませんが、専任職に就いていない者や、大学院生などを中心に考え、過去の受賞者は対象外とします。

著書の場合は、論文の場合よりも若干年齢が高めの者、専任職に就いている者も対象とします。また、過去に論文に対して学会賞を受賞している場合も対象外にはしません。

【対象期間】
「日本ロシア文学会賞選考要領」の規定により、本年度の対象図書は、「2016年12月31日を期限とし、その期限以前およびおよそ2年以内に刊行されたもの」、論文については、「12月末日を期限とし、その期限以前およそ1年以内に発表されたもの」が対象となります。

2.【推薦書式】推薦にあたっては下のリンクから書式をダウンロードし、必要事項を記入の上、学会事務局宛に郵送またはE-mailでご送付ください。

・2017学会賞推薦書(Word)(2017_suisen.doc
・2017学会賞推薦書(PDF)(2017_suisen.pdf

3.【締切】2017年1月31日

4.【送付先】

(郵送) 日本ロシア文学会事務局
〒263-8522 千葉市稲毛区弥生町1-33 千葉大学文学部 鳥山祐介研究室気付
(E-mail)prize◆yaar.jpn.org(◆をアットマークに変えてください)

* なお送付にあたっては、郵送の場合は封筒おもてに「日本ロシア文学会賞推薦」と朱書、メール送付の場合は、件名を「日本ロシア文学会賞推薦」としてください。


学会賞選考委員長
大石雅彦

2016年12月1日

01:21 | 学会賞選考委員会
2016/11/26

講演会「社会主義リアリズムにおける隠喩としての気象」

Tweet ThisSend to Facebook | by tadashi
講演会のお知らせです。

公開講義「国内戦期はどんな天気?社会主義リアリズムにおける隠喩としての気象」
講師:ヴィクトル・ヴィユーギン氏(ロシア科学アカデミー・ロシア文学研究所)
2016 年 12月 1 日(木) 18時15分開始 
京都大学文学研究科(文学部校舎) 2階 第5講義室
聴講無料・予約不要  使用言語:ロシア語(通訳あり)

詳細はこちらをご覧ください。
ヴィユーギンさん公開講演会チラシ.pdf
07:34
2016/11/25

講演会『トルストイの直弟子といわれた日本人―わが祖父小西増太郎』

Tweet ThisSend to Facebook | by robun

講演会『トルストイの直弟子といわれた日本人―わが祖父小西増太郎』

小西はモスクワ大留学中、トルストイと共同で『老子』をロシア語に翻訳したことからトルストイの信頼を得、交際が始まった。

講師 吉橋泰男(実孫)

日時 12月10日(土)14:00~16:00

会場 日本記者クラブCホール(日本プレスセンタービル10階)

会費 一般3,000円 会員2,500円 学生1,800円

申込 NPO日ロ交流協会 03-5563-0626

詳しくはこちら 第42回懇話会トルストイチラシ完.pdf

 
  


10:18
2016/11/21

日本ロシア文学会大賞(2017年度)受賞候補者推薦のお願い

Tweet ThisSend to Facebook | by yaar
日本ロシア文学会では2014年度より「日本ロシア文学会大賞」を設け、ロシア語、ロシア文学、ロシア文化の研究、教育、普及、翻訳に携わり多大な業績をあげられた会員の功績を、顕彰することとなりました。第1回、第2回はそれぞれ井桁貞義氏、吉岡ゆき氏が受賞されました。第3回は諫早勇一氏が受賞され、本年度の大会初日に授賞式と受賞記念講演が行われました。

現在、この日本ロシア文学会大賞の2017年度受賞候補者の推薦を受け付けています。会員の皆様には、下記により、この賞の受賞にふさわしい候補者を広くご推薦くださいますよう、お願いいたします。

なお推薦書の書式中「候補者の略歴」「候補者の代表的な業績」欄につきましては、お分かりの範囲で簡略に書いてくださって結構です。



1)別掲の「日本ロシア文学会大賞に関する内規」「日本ロシア文学会大賞 細則」に従って推薦する。(「学会会則規定等」のページでご覧ください。)

2)推薦募集の締め切りは2016年12月31日とする。

3)推薦書は下掲の「推薦書書式」を用いて作成する。

4)推薦書は日本ロシア文学会事務局宛に郵送あるいはメール添付で送付する。(封筒の表書きあるいはメールの標題に、推薦書であることが分かるよう明記してください。また確認のため、受領後できるだけ早く事務局より連絡しますのでご注意ください。)

日本ロシア文学会大賞選考委員会委員長 沼野充義

日本ロシア文学会事務局 連絡先
郵送:〒263-8522 千葉市稲毛区弥生町1-33 千葉大学文学部 鳥山祐介研究室内
メール:yaar◆yaar.jpn.org(◆をアットマークに変えてください)

推薦書書式:学会大賞第4回推薦書書式.docx
(書式がダウンロードできない場合は事務局にご請求ください)

04:51
12345