日本ロシア文学会
 
学会関連その他の催し
 
掲載依頼・情報の窓口
 

日本ロシア文学会事務局

〒263-8522
千葉市稲毛区弥生町1-33
千葉大学文学部
鳥山祐介研究室気付
日本ロシア文学会事務局


Tel/Fax: 043-290-3762
Faxの場合は「鳥山祐介
研究室内日本ロシア文学会
事務局」と明記してください。


E-mail: 事務局へのご連絡

 
学会HPの旧版
(2004年2月-2010年5月)は
こちらからご覧頂けます。
 
オンラインユーザー7人
764792
 

新着情報 Новости

 RSS
2016年度日本ロシア文学会北海道支部会のお知らせ06/28 22:34
2016年度日本ロシア文学会北海道支部会(研究発表会・総会) 日時 2016年7月2日(土)14時00分ー17時30分 会場 北海道大学 人文・社会科学総合教育研究棟 W408教室 https://www.hokudai.a...
公開シンポジウム「セルボクロアチア語の在りし場所」のお知らせ06/27 15:57
7月17日(日)、京都大学文学部新館第7講義室で、標記の公開シンポジウムを開催します(14:15開場、使用言語:英語、講師:ボヤン・ベリッチ氏(ワシントン大学講師)、野町素己氏(北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター准教授))。 ...
アップデイトダンスNo.36「白痴」公演のご案内06/20 07:08
国際的に活躍しているダンサー・振付家の勅使川原三郎が、 ドストエフスキーの「白痴」を基にした新作ダンス公演を開催します。 つきましては、ぜひ皆様にご覧いただきたく、ご案内を申し上げます。 *ホームページURL:www.st-ka...
監獄と流刑 イヴァーノフ=ラズームニク回想記 06/16 10:46
遠読――<世界文学システム>への挑戦06/12 06:43

2015年のロシア文学会(11月大会報告をかねて) 学会長 望月哲男


2015年には、われわれロシア文学会の活動に関連して、いくつかの記念すべき出来事がありました。

6月6日には、日本のスラヴ・ロシア言語文化研究の発展と制度化に多大な貢献をされ、1975年から81年までロシア文学会会長を務められた木村彰一先生の生誕100周年記念シンポジウムが、日本スラヴ学研究会とロシア文学会の共催で行われました。「師としての木村先生」「今に生きる木村先生」という二つの切り口から、研究者及び教師としての先生の姿勢と、そのお仕事の大きな意味について、熱気に満ちた意見交換がなされました。
 

学会からのお知らせ Мероприятия ЯАР

学会からのお知らせ Мероприятия ЯАР
12345
2016/06/28new

2016年度日本ロシア文学会北海道支部会のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by yaar
2016年度日本ロシア文学会北海道支部会(研究発表会・総会)

日時 2016年7月2日(土)14時00分ー17時30分 
会場 北海道大学 人文・社会科学総合教育研究棟 W408教室

 (*地図の下から1/4辺りの中央です。中心の道路を下から行くと右側の建物です)
  
14時00分ー14時10分 開会 支部長あいさつ 岩本和久(稚内北星学園大学)
  
 14時10分ー16時30分 研究発表会

 14:10ー14:40 「『検察官』における古典主義演劇からの変容」(仮)
  発表:植木健二(北海道大学大学院文学研究科博士課程)
  司会:飯田梅子(札幌大学)

 14:40ー15:10 「モノ・オペラ『アンネの日記』ーーナチス時代の少女を描く「現代音楽」」
  発表:神竹喜重子(北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター非常勤研究員)
  司会:宇佐見森吉(北海道大学)

 15:30ー16:00 「アルゼンチンの古儀式派作家D.ザイツェフによる『ダニール・テレンチェヴィチ・ザイツェフ自伝』出版をめぐって」
  発表:塚田力(通訳業)
  司会:大西郁夫(北海道大学)

 16:00ー16:30 「"История советской фантастики" Р.С. Каца. Ее литературное значение и отзвуки 」(ロシア語)
  発表:梅村博昭(所属なし)
  司会:佐藤亮太郎(旭川医科大学)

 16時45分ー17時30分 総会 司会:大西郁夫(北海道大学)
 1.平成27年度活動報告(理事会、および北海道支部)
 2.平成27年度会計報告
 3.その他


22:34 | 北海道支部
2016/06/27new

公開シンポジウム「セルボクロアチア語の在りし場所」のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by tadashi
7月17日(日)、京都大学文学部新館第7講義室で、標記の公開シンポジウムを開催します(14:15開場、使用言語:英語、講師:ボヤン・ベリッチ氏(ワシントン大学講師)、野町素己氏(北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター准教授))。

詳しくは添付のチラシをご覧ください。皆様のご来場をお待ちしています。シンポジウム7-17.pdf
15:57 | 広報委員会
2016/06/06

東北支部 2016年研究発表会のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by robun

東北支部 2016年研究発表会のお知らせ


東北支部 2016年研究発表会が以下のとおり開催されますので,ご案内いたします。


日時:2016年7月2日(土)
会場:岩手県立大学アイーナキャンパス 学習室3
(盛岡市盛岡駅西通1-7-1 岩手県民情報交流センター(アイーナ)7F)


詳細は次のプログラムをご覧ください:東北支部研究発表会2016.pdf


以上


01:20 | 東北支部
2016/05/20

関西支部 2016年春季研究発表会・総会のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by yaar
関西支部 2016年春季研究発表会・総会が以下のとおり開催されますので,
ご案内いたします。

日時:2016年6月11日(土)
会場:大学共同利用施設UNITY 2階 セミナー室1
(〒651-2103 神戸市西区学園西町1丁目1-1ユニバープラザ2F)

詳細はこちらのプログラムをご覧ください。

以上
15:08 | 関西支部
2016/05/09

関東支部春季研究発表会のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by yaar
日本ロシア文学会関東支部春季研究発表会が下記の要領で開催されます。ふるってご参加ください。

日時:2016年6月4日(土)10:50--
会場:早稲田大学(戸山キャンパス)36号館681教室

■プログラム(Word版

◆10:50-11:00 支部長挨拶
________________________________________
研究報告(修士論文の部)

11:00-11:30
ナザランカ・カチャリーナ(東外大院) ジェンダー的視点から見たトルストイと有島―『アンナ・カレーニナ』と『或る女』を中心に
(司会:覚張シルビア)

11:30-12:00
安野直(早大院) リュドミラ・ウリツカヤ短編作品群における国家と性の表象
(司会:沼野恭子)

12:00-12:30
五月女颯(東大院) イリア・チャウチャワゼの「グルジア」
(司会:八木君人) 

昼食・総会(12:30-13:30)
________________________________________

13:30-14:00
阿佐遼平(東大院)『婚礼』と“ポーランド人”の民族性―エスニックな感情の源泉と行方
(司会:小椋彩)

14:00-14:30
木原槙子(東大院) ポーランド・ロマン主義における「バラードマニア」―浪漫性とバラードをめぐる議論を通して
(司会:鳥山祐介)                                                   

14:30-15:00
畔柳千明(東大院) 北京宣教団とイアキンフ・ビチューリン
(司会:三浦清美)

15:00-15:30
早川萌(東大院) 画家イリヤ・レーピンの滞仏期作品を再評価する試論
(司会:上野理恵)

休憩(15:30-16:00)
________________________________________
16:00-16:30
細川瑠璃(東大院)フロレンスキイの天動説 ―無限と不連続性を中心に―
(司会:貝澤哉)

16:30-17:00
宮内拓也(東外大院)ロシア語名詞句の統語構造と名詞句内の要素の語順
(司会:堤正典)

研究報告(博士論文の部)

17:00-17:35
阿出川 修嘉(東外大院)現代ロシア語におけるモダリティとアスペクトのカテゴリーに関する一考察:可能性のモダリティと体のカテゴリーの相関関係について
(司会:朝妻恵理子)
________________________________________
◆17:35-17:45 閉会の辞

■18:00 -- 20:00 懇親会 (会費一般4000円、大学院生3000円)

以上

05:26 | 関東支部
12345