三谷惠子新会長よりご挨拶

 

前会長報告とご挨拶 望月哲男

 
2019年度 第69回全国大会掲載のご依頼学会のご案内会則規定等掲載依頼情報学会カレンダーICCEES2015幕張大会過去の全国大会の記録学会賞・学会大賞学会刊行物ロシア関連一般書籍がんばれ、ヤポーニア!よくあるご質問サイトポリシーエッセイその他

 

日本ロシア文学会事務局

Сектретариат ЯАР

〔書記〕
〒060-0809
札幌市北区北9条西7丁目
北海道大学
スラブ・ユーラシア研究センター
安達大輔研究室内

〔庶務会計〕
〒338-0825
さいたま市桜区下大久保255
埼玉大学人文社会科学研究科
野中進研究室内

E-mail(共通):
yaar@yaar.jpn.org


 
学会誌バックナンバー

学会員  1冊1000円
非学会員 1冊3000円

頒布希望の方は事務局まで
メールフォームにて
ご連絡ください。
 
学会HPの旧版
(2004年2月-2010年5月)は
こちらからご覧頂けます。
 
オンラインユーザー15人

2019年全国大会を終えてー2018/19年度の総括とともに 会長 三谷 惠子

PDF版

2019年11月1日

2019年の日本ロシア文学会第69回定例総会・全国大会は、10月26日、27日の2日間、早稲田大学国際会議場にて開催されました。大会前日にはプレシンポジウムとして、中世ロシアにおける「正しさ」をテーマとした講演が行われ、朝からの大雨にもかかわらず、70名ほどの聴衆が集まりました。ロシア語の講演に日本語通訳がついたこともあり、講演後には活発な質疑応答も交わされました。文化依存の概念としての「正しさ」は、時代や社会とともにその定義も実践の形も変化しますが、足の負傷にもかかわらず松葉杖とともに来日し講演してくださったアレクサンドル・ボブロフ氏(プーシキン館)の姿は、困難な中でも責務を誠実に果たすという、人間にとって普遍的な正しさのあり方を示していたように思います。
 

会誌『ロシア語ロシア文学研究』第52号への投稿エントリー

投稿エントリー締切:2019年11月30日(土曜日)24時
査読用原稿の提出期限:2020年1月31日(金曜日)24時
詳細はこちらからご確認ください。
 

九州北部豪雨、台風15号、19号で被災された会員の方に対する会費免除措置

詳細はこちらからご確認ください。
 

日本ロシア文学会 2019年度 第69回定例総会・研究発表会

は盛会のうちに終了しました。
詳細はこちらのリンク先からご確認下さい。

 

学会からのお知らせ Мероприятия ЯАР

学会からのお知らせ Мероприятия ЯАР
12345
2019/12/10new

これからの日本社会における公共サインのあり方と研究の展望

Tweet ThisSend to Facebook | by yaar
12月20日(金)第7回「中央ユーラシアと日本の未来」公開講演会

「これからの日本社会における公共サインのあり方と研究の展望」

講師:本田 弘之 教授 (北陸先端科学技術大学院大学)
日時:2019年12月20日(金) 18:00ー20:00
会場:桜美林大学 新宿キャンパス J301教室(東京都新宿区百人町3丁目23-1)

主催:筑波大学「日本財団 中央アジア・日本人材育成プロジェクト」
共催:日本言語政策学会多言語対応研究会 
協力:筑波大学グローバル・コモンズ機構
筑波大学グローバルコミュニケーション教育センター社会貢献委員会
筑波大学地域研究イノベーション学位プログラム
問合せ: TEL 029-853-4251 / info#@#genis.jinsha.tsukuba.ac.jp(#@#を 「@」 に置き換えてください)

17:05
2019/12/08new

「2020年度日本ロシア文学会賞」候補ご推薦のお願い

Tweet ThisSend to Facebook | by yaar
「2020年度日本ロシア文学会賞」候補ご推薦のお願い
PDF版    
2019年12月1日    
(2019年12月8日修正 青字部分)

日本ロシア文学会では、会員による研究を奨励するため、日本ロシア文学会賞を設けています。

つきましては、下記の要領で候補作をご推薦くださいますようお願い申し上げます。

1.推薦要件、対象者、対象期間について

【推薦要件】
日本ロシア文学会賞選考要領」を参照の上ご推薦ください。

【対象者】
論文の場合は、基本的に若手・新進の学会員を対象とします。明確な年齢の基準は設けませんが、専任職に就いていない者や、大学院生などを中心に考え、過去の受賞者は対象外とします。

著書の場合は、論文の場合よりも若干年齢が高めの者、専任職に就いている者も対象とします。また、過去に論文に対して学会賞を受賞している場合も対象外にはしません。

【対象期間】
「日本ロシア文学会賞選考要領」の規定により、本年度の対象図書は、「2019年12月31日を期限とし、その期限以前およびおよそ2年以内に刊行されたもの」、論文については、「2019年12月末日を期限とし、その期限以前およそ1年以内に発表されたもの」が対象となります。

2.【推薦書式】推薦にあたっては下のリンクから書式をダウンロードし、必要事項を記入の上、学会事務局宛に郵送またはE-mailでご送付ください。

2020年度学会賞推薦書WordファイルPDFファイル

3.【締切】2020年1月31日 (郵送の場合は消印有効)

4.【送付先】

(郵送)日本ロシア文学会事務局 The Secretariat of JASRLL
〔書記〕〒060-0809 札幌市北区北9条西7丁目
 北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター 安達大輔研究室内


* なお送付にあたっては、郵送の場合は封筒おもてに「日本ロシア文学会賞推薦」と朱書、メール送付の場合は、件名を「日本ロシア文学会賞推薦」としてください。

学会賞選考委員長
ヨコタ村上 孝之

00:00 | 学会賞選考委員会
2019/12/05new

新潟国際情報大学国際学部の専任教員公募

Tweet ThisSend to Facebook | by yaar
新潟国際情報大学国際学部は下記の要領で専任教員(ロシア語ほか)を公募しています。


1.担当科目  「ロシア語」「現代ロシア論」「ゼミナール」「卒業論文指導」「派遣留学事前研修」その他

2.採用後の所属        国際学部 国際文化学科

3.募集人数  1名

4. 採用時の資格
教授、准教授、または講師

5. 応募資格及び条件     
1) ロシア語、あるいは広くロシアないし旧ソ連地域を研究対象とする者
2) 博士の学位を有する者、またはこれに相当する研究・教育歴を有する者
3) ロシアへの留学業務を担当できる者
4) 採用後は新潟市内、またはその近郊に居住する者

6. 提出書類
1)履歴書(写真貼付・形式自由)  1通
2)研究業績一覧(形式自由・外部資金による研究一覧を記入のこと)  1通
3)主要な著書または論文(抜刷、コピー可) 
教授、准教授の場合 5点、 講師の場合 3点
※それぞれにつき1,000字程度の日本語の要旨を付すこと
4)ロシア語による自己紹介(3?5分)を録音した電子媒体(USB、CD-R等) 1点
5)最終学歴証明書、および学位取得証明書  各1通
6)「現代ロシア論」の講義案(半期15回分)を、A4版3枚以内にまとめたもの
7)本人が望む場合には、その他の資料を提出することができる
8)上記提出書類の返送用封筒(宛先を明記し、返信用切手等を貼付のこと)

7. 提出期限
2020年1月27日(月)(※必着)
※書類審査の後、候補者は面接を行う。また模擬講義を依頼する場合がある。

8. 着任時期
2020年4月1日(水)

9. 提出先 
〒950-2292 新潟市西区みずき野3丁目1番1号
新潟国際情報大学 国際学部長 佐々木 寛
(封筒に『国際学部教員応募書類在中』と朱書きで明記のうえ、書留便で送付のこと)

10. 照会先
新潟国際情報大学 総務課
〒950-2292 新潟市西区みずき野3丁目1番1号
Tel 025-239-3111(代表) Fax 025-239-3690  E-mail somu@nuis.ac.jp

11. 備考 
なお、本学の定年は70歳である。また、給与は本学規定による。

10:31
2019/12/01

SRCセミナー Late Stalinism: the Aesthetics of Politics

Tweet ThisSend to Facebook | by yaar
スラブ・ユーラシア研究センターでは、特任教授(外国人招へい教員)として滞在中のエフゲーニー・ドブレンコ教授によるセミナーを開催いたします。全二巻、1300頁以上に及ぶ浩瀚な新著『後期スターリニズム』(ロシア語。英語版も近く刊行予定)の内容を中心にお話しいただく予定です。平日の午前中ではありますが、皆さまのご参加をお待ちしています。

日 時:  2019年12月10日 (火)10:30-12:00
会 場:  北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター(SRC)小会議室(401)
報告者:  Evgeny Dobrenko (シェフィールド大学/SRC)
題 目:  Late Stalinism: the Aesthetics of Politics

詳細は下記URLをご覧ください。

以上

19:31
2019/11/28

講演会"Old Russian Literacy: Sources and Interpretations"

Tweet ThisSend to Facebook | by yaar
日本ロシア文学会員各位
 
ロシア東欧研究所(早稲田大学)では、北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター主催、本研究所共催で、下記の要領で、講演会を開催いたします。ご興味・ご関心ある方は、是非ご参加いただけますよう、ご案内申し上げます。

ーーーー
日時:2019年12月14日(土)16:00ー18:00
会場:早稲田大学本部キャンパス 14号館804教室     
講演者:Yaroslav Gorbachov氏(スラブ・ユーラシア研究センター本年度外国人研究員)
専門は歴史言語学およびスラブ言語学。ロシア中世文学に関わる学際的な研究にも従事。
論題:Old Russian Literacy: Sources and Interpretations
ーーーー

ロシア東欧研究所(早稲田大学)所長 田中孝彦
連絡先 鈴木健夫 suzuken@waseda.jp


17:21
12345
掲載依頼・情報の窓口
 

第六回日本ロシア文学会大賞
受賞記念講演
佐藤 昭裕
(京都大学名誉教授)



 

関西支部 会報
を掲載しました。
関西支部会報>


 
2019年度(第69回)全国大会研究発表募集及び旅費補助申請は2019年6月30日をもちまして締め切りました。
 
 
学会事務局メールの不調について
日本ロシア文学事務局
 
学会関連その他の催し
 
1458057