掲載のご依頼学会のご案内2022年 専修大・ハイフレックス会則規定等掲載依頼情報過去の全国大会の記録学会賞・学会大賞学会刊行物ロシア関連一般書籍よくあるご質問サイトポリシーエッセイその他ウクライナ情勢関連情報

ロシア文学会会費について
(正会員向け)

(2020年8月28日)

会費等振込先
(郵便振替の場合)
口座記号・番号:00100-7-6507
加入者名:日本ロシア文学会

(銀行振込の場合)
銀行名:ゆうちょ銀行
金融機関コード:9900
店番:019
店名:〇一九(ゼロイチキュウ)
預金種目:当座
口座番号:0006507

日本ロシア文学事務局
 

日本ロシア文学会事務局

Сектретариат ЯАР

〔書記〕
〒060-0809
札幌市北区北9条西7丁目
北海道大学
スラブ・ユーラシア研究センター
安達大輔研究室内

〔庶務会計〕
〒102-8554
東京都千代田区紀尾井町7-1
上智大学外国語学部
秋山真一研究室内

E-mail(共通):
yaar@yaar.jpn.org
 
掲載依頼・情報の窓口
 
学会誌バックナンバー

学会員  1冊1000円
非学会員 1冊3000円

頒布希望の方は事務局まで
メールフォームにて
ご連絡ください。
 
学会HPの旧版
(2004年2月-2010年5月)は
こちらからご覧頂けます。
 
2123361
オンラインユーザー8人
ロシア軍のウクライナ侵攻への抗議声明
Statement of protest against the invasion of Ukraine by the Russian army 
 
前会長の三谷惠子さんが2022年1月17日にご逝去されました。衷心よりご冥福をお祈りいたします。  「三谷前会長の早過ぎるご逝去を悼んで」(服部文昭
 

学会からのお知らせ Мероприятия ЯАР

学会からのお知らせ Мероприятия ЯАР
12345
2022/05/25new

関西支部2022年春季研究発表会・総会のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by yaar_pr
下記の要領でロシア文学会関西支部の研究発表会・総会を開催します。
関西支部会員以外の方、一般の方のご参加も歓迎します。


日時:2022年6月12日(日)14:00-16:50
場所:Zoomによるオンライン開催


*****プログラム*****

14:00 開会(事務局)

14:05-14:55 研究発表1(発表40分+質疑10分)

発表者:岩間成美 氏(京都大学大学院)
題目:ソログープ作品におけるディオニュソス論;『小悪魔』と『光と影』を中心に
司会者:高田映介 氏(神戸大学)
 
14:55-15:00 休憩

15:00-15:50 研究発表2(発表40分+質疑10分)

発表者:平嶌寛大 氏(神戸市外国語大学大学院)
題目:18世紀ロシア喜劇におけるP. N. デトゥーシュ
―А. П. スマローコフとВ. И. ルキンによる借用と翻案から―
司会者: 清水俊行 氏(神戸市外国語大学)

15:50-16:00 休憩

16:00-16:50 総会(関西支部会員のみ)


※総会への出席は、会員・会友のみに限ります。
※一般の方は事前に〈junko★inst.kobe-cufs.ac.jp(★→@に直してください)〉まで参加申込のメールをお送りください。折り返しZoomのURLをお知らせいたします。


17:29
2022/05/22new

2022年度関東支部研究発表会・総会の開催のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by yaar_pr
下記の要領で2022年度日本ロシア文学会関東支部研究発表会・総会を開催いたします:

日時:2021年6月4日(土)12時30分-
場所:Zoomにて開催

*参加をご希望の方は下記URL先にある申込フォームに必要事項をご記入のうえ送信してください。登録完了後、zoom接続情報等を含む確認メールが届きます:

*非会員の方の聴講も歓迎いたしますが、質疑応答時の発言等は認められておりません(ただし、非会員の方でも、発表者および司会者から事前に承諾を得ている方にはこれを認めます)。

☆☆☆☆☆プログラム☆☆☆☆☆

12:30 開会:支部長挨拶

[修士論文成果報告] 
12:40-13:10
発表者:堤 縁華(東大院)
題目:「ナショナリズム・故郷・誠実さ:アクラム・アイリスリの創作に見るソ連文学の遺産とポスト・ソ連のアゼルバイジャン」
司会:五月女 颯(日本学術振興会特別研究員PD)
 
13:15-13:45
発表者:佐野 晃(筑波大院)
題目:「ロシアにおける日本語学習動機の意識調査──テキストマイニングによるWEBコメントの定量分析──」
司会:佐山 豪太(上智大)
 
13:50-14:20
発表者:永田 怜絵(東大院)
題目:「ドストエフスキーの作品へのアフェクト理論(情動論)の応用──『弱い心』、『ステパンチコヴォ村とその住人』を中心に──」
司会:番場 俊(新潟大)
 
14:25-14:55
発表者:濱田 玲央(東大院)
題目:「ガルシンの戦争作品群における人々の苦しみの研究」
司会:大山 麻稀子(神奈川県日本ユーラシア協会副会長)
 
15:00-15:30
発表者:土田 真紀子(東外大院博士前期課程修了)
題目:「映画におけるニコライ二世の表象とその社会的受容──アメリカとロシアの比較──」
司会:佐藤 千登勢(法政大)
 
15:35-16:05
発表者:沖 隼斗(早大院)
題目:「詩人の再出立──ボリス・ポプラフスキイ「ヤルタからの出立」をめぐって」
司会:斉藤 毅(大妻女子大)
 
16:10-16:40
発表者:金丸 駿(早大院)
題目:「イーゴリ・ホーリンの初期バラック詩篇における語りの問題」
司会:鈴木 正美(新潟大)
 
16:45-17:15
発表者:藍 孟昱(創価大院)
題目:「ジラールの欲望の三角理論およびジジェクとクリステヴァの精神分析理論から見るロマン・ポランスキー作品の研究」
司会:貝澤 哉(早大)
 
[博士論文成果報告]
17:20-17:55  安野 直(早大)
題目:「20世紀初頭のロシアにおける女性向け大衆小説とジェンダー」
司会:久野 康彦(青山学院大)
 
18:00-18:30 支部総会 (*総会への出席は、会員・会友のみに限ります。)

プログラムのダウンロードはこちら


12:54
2022/05/16

公開講演会(ZOOM併用)のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by yaar_pr
公開講演会(ZOOM併用)
映画とスターリニズム:クリス・マルケルの『アレクサンドルの墓』について


講演者:クリスティアン・フェイゲルソン
パリ第三大学映画視聴覚研究科教授・学術振興会の招へい外国人研究員(短期・東京大学)

開催日時:2022年5月17日(火)10:30-12:00

 (QRコードはポスターをご参照ください)

場所:大阪大学豊中キャンパス文法経講義棟 文11講義室

ポスターのダウンロードはこちら:The Last Bolshevik.jpeg


18:55
2022/05/10

【ウクライナ情勢】研究環境の維持に関わる情報(2022/05/10)

Tweet ThisSend to Facebook | by yaar_pr
ナウカ・ジャパンからのお知らせ

弊社のロシアからの書籍・雑誌類等出版物の入手の現状ですが、ロシアからの入荷は維持されています。ただし、ロシアと日本の間の直行便がなくなり、また減便しているせいか、到着までに通常よりも多くの日数がかかっております。航空貨物運賃も高騰しています。航空郵便は、2月の事態開始以降4月上旬までは滞っていましたが、最近は好転しています。ロシアから日本に向けた郵便での発送自体は問題なく行われています。

今後の展開については予断を許しません。しかし、日本による輸入規制の対象品目、またロシアの輸出規制の対象品目に出版物がなることは、冷戦期にもありませんでした。そうならないかぎり、出版物は入手できるものと考えています。

ロシアの出版界、ジャーナリズムの動向に注視しながら、仕事を続けていくつもりです。現在のところ、出版情報はほぼ変わりなく入手できています。残念ながら、ウクライナとの取引先との連絡は途絶えていますが、早期に回復することを祈っています。

21:48
2022/05/10

SRC Seminarのご案内(6/10)

Tweet ThisSend to Facebook | by yaar_pr
米国のスラブ語学者ルネ―・パールマッター博士(カンザス大学)をお迎えし、ジェンダーが言語に与える影響についてお話しいただきます。ふるってご参加ください。

日時:2022年6月10日(金)12:00-13:00 
講演者:Dr. Renee Perelmutter (Univ. of Kansas, USA)
報告題目:Nonbinary Language Innovations in Russian: Globalization and Identity
登録:https://forms.gle/bitAVRYhqTsi4G6h7 (締め切りは6月8日(水)正午)
問合せ先:野町素己 mnomachi*slav.hokudai.ac.jp (*をアットマークに換えて送信してください)

16:16
12345
上の「サイト内検索」から
サイト内の記事が検索できます
 
関東支部報 第40号(2022年)
を掲載しました


 
関西支部報 2020/2021 (No.2)
を掲載しました