日本ロシア文学会会長
三谷惠子
 

三谷惠子新会長よりご挨拶

 

ロシア文学会会費について
(正会員向け)

(2020年8月28日)

日本ロシア文学事務局
 
掲載のご依頼学会のご案内2020年 阪大・オンライン大会会則規定等掲載依頼情報学会カレンダーICCEES2015幕張大会過去の全国大会の記録学会賞・学会大賞学会刊行物ロシア関連一般書籍がんばれ、ヤポーニア!よくあるご質問サイトポリシーエッセイその他

 

日本ロシア文学会事務局

Сектретариат ЯАР

〔書記〕
〒060-0809
札幌市北区北9条西7丁目
北海道大学
スラブ・ユーラシア研究センター
安達大輔研究室内

〔庶務会計〕
〒338-0825
さいたま市桜区下大久保255
埼玉大学人文社会科学研究科
野中進研究室内

E-mail(共通):
yaar@yaar.jpn.org
 
学会誌バックナンバー

学会員  1冊1000円
非学会員 1冊3000円

頒布希望の方は事務局まで
メールフォームにて
ご連絡ください。
 
学会HPの旧版
(2004年2月-2010年5月)は
こちらからご覧頂けます。
 
オンラインユーザー27人
Регистрация на 70-й конференции ЯАР на онлайн
日本ロシア文学会第70回大会(研究発表会・総会)の
事前登録と資料の配布について
(2020年10月23日)

日本ロシア文学会第70回大会は、10月31日(土)・11月1日(日)の両日、オンライン方式で開催されます

【事前登録について】 大会への参加のためには事前登録が必要ですので、次のリンク先の文書をご確認のうえ、登録をお願いいたします。


※ 報告者、司会、討論者の方も、この事前登録が必要です。

※ 登録期間は本日から、原則として10月29日(木)までです。
 
今年度の全国大会(研究発表会・総会)は、10月31日(土)・11月1日(日)の両日、全面オンライン方式によって開催いたします。参加のための事前登録や当日の参加方法については、皆様のお手元に郵送しました大会資料集1ー2ページ(下記リンクからも閲覧できます)と、資料集に同封の「Zoomの使い方」をご参照ください。


О том, как участвовать в 70-й конференции ЯАР на онлайн

 

В этом году конференция ЯАР будет проводиться на онлайн31 октября (суббота) и 1 ноября (воскресенье). О предварительной регистрациидля участия в конференции, и том, как принять участие в назначенные дни,пожалуйста, обратитесь к странице 1-2 материалов конференции, которые былиотправлены Вам по почте (также доступных по ссылке ниже), и Zoomの使い方」("Как использовать Zoom"), приложенным к материалам.

 

 

本会会員で、元会長の米川哲夫氏が9月18日にご逝去されました(享年95歳)。
衷心よりご冥福をお祈りいたします。

米川哲夫先生を悼む 沼野充義

 

学会からのお知らせ Мероприятия ЯАР


2020/06/10

ロシア・東欧学会大会自由論題報告募集のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by yaar

ロシア・東欧学会大会自由論題報告募集のお知らせ


日本ロシア文学会広報委員会より、下記の通りロシア・東欧学会大会における
自由論題報告の募集についてお知らせいたします。

--------------------------------

10月17日(土)・18日(日)に、北海道大学でロシア・東欧学会2020年度研究大会が
開催される予定です。

現在、自由論題報告を募集中です。報告を希望される会員は、(1)氏名、(2)住所、(3)
電話番号、(4)所属、(5)報告タイトル、(6)報告要旨(約400字)を6月30日(火)(必
着)までにuyama[at mark] slav.hokudai.ac.jp(企画委員会・宇山智彦)へメ
ールでお知らせ下さい。

なお、応募者多数の場合は、企画委員会にて人数調整を行う場合があります。
また、新型コロナウイルス感染症関連の状況によっては、開催の時期・形態の変更
(延期、オンライン開催など)もあり得ることをご了承ください。

自由論題報告を行う若手会員には、旅費等の助成制度が用意されています。

まだ会員になっていない方が報告を希望される場合は、まず入会の申し込みをお
願いします。

ふるっての応募をお待ちしております。


--------------------------------
日本ロシア文学会 広報委員会

14:32