学会関連その他の催し
 
第4回日本ロシア文学会大賞
受賞記念講演

20世紀ロシアの人文知の魅力

Очарование гуманитарного знания
России 20-го века

桑野 隆 氏
早稲田大学・総合科学学術院教授
Профессор Такаси Кувано
は盛会のうちに終了しました。
ご来場頂いた皆様に
御礼申し上げます。
 

日本ロシア文学会事務局

〒338-0825
さいたま市桜区下大久保255

埼玉大学人文社会科学研究科

野中進研究室気付

日本ロシア文学会事務局

Fax 048-858-3685
「野中進宛」と明記してください。

E-mail: 事務局へのご連絡

 
学会HPの旧版
(2004年2月-2010年5月)は
こちらからご覧頂けます。
 
オンラインユーザー76人

Ганбарэ, Япония!
Письма поддержки из России и других стран мира


Ниже публикуем письма, присланные нам из России и других стран мира после землетрясения, с переводом на японский. Мы хотим еще раз выразить сердечную благодарность нашим иностранным друзьям и коллегам за искренние слова сочувствия и поддержки. Мы очень тронуты такой неожиданно большой международной солидарностью и хотим сказать всем : аригато!


    Мицуёси Нумано
    Президент Японской ассоциации русистов
    31 марта 2011 г., Токио



がんばれ、ヤポーニア!
ロシアおよびその他の国々からの支援のメッセージ


この度の大震災の直後に、ロシアを初めとする多くの国から支援の手紙が送られてきました。以下にそれらの手紙を、日本語訳を添えて掲載させていただきます。外国の友人や同僚の皆様には、今一度、暖かい支援の言葉に対して心からお礼を申し上げます。思いがけずこのような国際的な支援の輪が広がったことに私たちは感激しています。皆さん、ありがとうございます!


  沼野充義
  日本ロシア文学会会長
  2011年3月31日

 

外国から寄せられた支援のメッセージ

2011年3月11日 -- 4月4日

翻訳協力者:小澤裕之、関岳彦、高橋知之、奈倉有里、沼野恭子、平松潤奈

 

2011/04/05

イリヤ・С・スミルノフ様からのメッセージ

Tweet ThisSend to Facebook | by Gordon

Многоуважаемые коллеги! Дорогие друзья!
Позвольте от имени сотрудников Института восточных культур и античности Российского государственного гуманитарного университета выразить всем вам наше глубочайшее сочувствие в эти тяжелые дни. Горе, постигшее Японию, поистине безмерно и, просим верить, мы всей душой разделяем его с вами. Столь же искренне мы восхищаемся мужеством, с которым вы противостоите слепым силам природы. Уверены, что японский народ, как уже не раз случалось в долгой истории вашей страны, превозможет трагедию, выстоит и устроит свою жизнь наилучшим образом.
 
С сердечными чувствами
профессор Илья С.Смирнов
директор ИВКА РГГУ


尊敬する同僚の皆様、親愛なる友人の皆様
ロシア国立人文大学、東洋学・西洋古典学研究所の職員を代表して、困難な日々を過ごす皆様に心よりお見舞い申し上げます。日本を襲った悲しみは本当に計り知れないものですが、私たちが心からその悲しみを分かち合っているということを、どうか信じてください。同じく心より、私たちは自然の盲目的な力に立ち向かう皆様の勇気に感嘆してもいます。日本人が、その国家の長い歴史の中で一度ならずあったように、悲劇に打ち勝ち、耐え忍び、最高の形でその生活を打ち立てるであろうと確信しています。

心からの気持ちを込めて

イリヤ・С・スミルノフ
ロシア国立人文大学教授 東洋学・西洋古典学研究所所長


15:26
掲載依頼・情報の窓口
 
第 67 回(2017 年度)
定例総会・研究発表会は
盛会のうちに終了しました。
詳細はこちらから

67-я ежегодная  конференция
ЯАР проходит 14-15 октября
в Университете Дзёти.
 
関西支部会報2016/2017 (No2)
を掲載しました。
こちらからご覧ください。

関西支部会報2016/2017(No.2)
 
1008292