三谷惠子新会長よりご挨拶

 

前会長報告とご挨拶 望月哲男

 
掲載のご依頼学会のご案内会則規定等掲載依頼情報学会カレンダーICCEES2015幕張大会過去の全国大会の記録学会賞・学会大賞学会刊行物ロシア関連一般書籍がんばれ、ヤポーニア!よくあるご質問サイトポリシー

日本ロシア文学会事務局

〒338-0825
さいたま市桜区下大久保255

埼玉大学人文社会科学研究科

野中進研究室気付

日本ロシア文学会事務局

Fax 048-858-3685
「野中進宛」と明記してください。

E-mail: 事務局へのご連絡

 
学会HPの旧版
(2004年2月-2010年5月)は
こちらからご覧頂けます。
 
オンラインユーザー20人
第60回全国大会(定例総会・研究発表会)

2010年11月5日(金),6(土),7日(日) 熊本学園大学

問い合わせ先: 太田丈太郎
〒862-8680 熊本市大江2丁目5-1 熊本学園大学商学部商学科
tel: 096-364-5161(内線1565)
 

全国大会の情報

2010年 熊本大学 >> 記事詳細

2010/10/04

トークジャム・いまあえて問うロシア文学/つながるコトバ

Tweet ThisSend to Facebook | by 岩本和久
プレシンポジウム「トークジャム・いまあえて問うロシア文学/つながるコトバ」

日時:2010年11月5日(金)15-17時
場所:熊本学園大学14号館大ホール
出演者:姜尚中(東京大学大学院教授),姜信子(作家),沼野恭子(東京外国語大学教授)
進行役:太田丈太郎(熊本学園大学教授)

 通常のシンポジウム形式とは趣向を変えて,出演者による「いま・ここ」でのトークによるセッションを目指します。強いてロシア文学だけに限定せず,文学全般,「コトバ」そのものをテーマといたします。日本ロシア文学会創立60周年を記念して,「いま・ここ」でのコトバの最前線に立つゲストの方たちと我々専門家がどのようにからんでいけるのか,それを最大のねらいとするものです。
 一般の来場者向けの催しです。出演者の方々には現在どのようなメッセージをコトバによって伝えているのか,伝えようとしているのかを自由にお話しいただきます。
 ゲストには,ベストセラー『悩む力』のほか,今年6月に自伝的小説『母―オモニ』(いずれも集英社)を出版したばかりの姜尚中氏,さらに昨年『イリオモテ』(岩波書店)を発表したばかりの作家の姜信子氏をお招きします。地元熊本に深いご縁をお持ちの方々です。
 ロシア文学会からは,現代ロシア文学に造詣の深い沼野恭子・東京外国語大学教授が参加し,進行は開催校熊本学園大学の太田丈太郎が務めます。入場は無料。ふるってご参加ください。

*時間の都合上,会場からの質疑には応じられません。
*会場の収容人数に限りがありますので,ご入場いただけない場合があります。あらかじめご了承ください。

問い合わせ先: 太田丈太郎
〒862-8680 熊本市大江2丁目5-1 熊本学園大学商学部商学科
tel: 096-364-5161(内線1565)
00:17 | シンポジウム・企画
若手ワークショップ
企画支援プロジェクト
募集中
締切:2018年3月31日(木)
詳細はこちら
 

締切間近です

2018年度の日本ロシア文学会賞

候補をご推薦ください。

推薦募集の締切:
2018年1月31日

詳細はこちら
 
掲載依頼・情報の窓口
 
学会関連その他の催し
 

日本ロシア文学会大賞(2018年度)
受賞候補者の推薦募集は
2017年12月31日(日)

をもちまして締め切りました。
ご応募ありがとうございました。
 


 
1053085