学会関連その他の催し
 
第4回日本ロシア文学会大賞
受賞記念講演

20世紀ロシアの人文知の魅力

Очарование гуманитарного знания
России 20-го века

桑野 隆 氏
早稲田大学・総合科学学術院教授
Профессор Такаси Кувано
は盛会のうちに終了しました。
ご来場頂いた皆様に
御礼申し上げます。
 

日本ロシア文学会事務局

〒338-0825
さいたま市桜区下大久保255

埼玉大学人文社会科学研究科

野中進研究室気付

日本ロシア文学会事務局

Fax 048-858-3685
「野中進宛」と明記してください。

E-mail: 事務局へのご連絡

 
学会HPの旧版
(2004年2月-2010年5月)は
こちらからご覧頂けます。
 
オンラインユーザー64人
第60回全国大会(定例総会・研究発表会)

2010年11月5日(金),6(土),7日(日) 熊本学園大学

問い合わせ先: 太田丈太郎
〒862-8680 熊本市大江2丁目5-1 熊本学園大学商学部商学科
tel: 096-364-5161(内線1565)
 

全国大会の情報

2010年 熊本大学 >> 記事詳細

2010/10/04

トークジャム・いまあえて問うロシア文学/つながるコトバ

Tweet ThisSend to Facebook | by 岩本和久
プレシンポジウム「トークジャム・いまあえて問うロシア文学/つながるコトバ」

日時:2010年11月5日(金)15-17時
場所:熊本学園大学14号館大ホール
出演者:姜尚中(東京大学大学院教授),姜信子(作家),沼野恭子(東京外国語大学教授)
進行役:太田丈太郎(熊本学園大学教授)

 通常のシンポジウム形式とは趣向を変えて,出演者による「いま・ここ」でのトークによるセッションを目指します。強いてロシア文学だけに限定せず,文学全般,「コトバ」そのものをテーマといたします。日本ロシア文学会創立60周年を記念して,「いま・ここ」でのコトバの最前線に立つゲストの方たちと我々専門家がどのようにからんでいけるのか,それを最大のねらいとするものです。
 一般の来場者向けの催しです。出演者の方々には現在どのようなメッセージをコトバによって伝えているのか,伝えようとしているのかを自由にお話しいただきます。
 ゲストには,ベストセラー『悩む力』のほか,今年6月に自伝的小説『母―オモニ』(いずれも集英社)を出版したばかりの姜尚中氏,さらに昨年『イリオモテ』(岩波書店)を発表したばかりの作家の姜信子氏をお招きします。地元熊本に深いご縁をお持ちの方々です。
 ロシア文学会からは,現代ロシア文学に造詣の深い沼野恭子・東京外国語大学教授が参加し,進行は開催校熊本学園大学の太田丈太郎が務めます。入場は無料。ふるってご参加ください。

*時間の都合上,会場からの質疑には応じられません。
*会場の収容人数に限りがありますので,ご入場いただけない場合があります。あらかじめご了承ください。

問い合わせ先: 太田丈太郎
〒862-8680 熊本市大江2丁目5-1 熊本学園大学商学部商学科
tel: 096-364-5161(内線1565)
00:17 | シンポジウム・企画
掲載依頼・情報の窓口
 
第67回大会プレシンポジウム

二葉亭四迷再考ーー
人物、文体、可能性

Пересмотр Фтабатэя Симэя:
личность, стиль, возможности

は盛会のうちに終了しました。
ご来場頂いた皆様に御礼
申し上げます。
 
第 67 回(2017 年度)
定例総会・研究発表会は
盛会のうちに終了しました。
詳細はこちらから

67-я ежегодная  конференция
ЯАР проходит 14-15 октября
в Университете Дзёти.
 
関西支部会報2016/2017 (No2)
を掲載しました。
こちらからご覧ください。

関西支部会報2016/2017(No.2)
 
1007674