学会関連その他の催し
 
第4回日本ロシア文学会大賞
受賞記念講演

20世紀ロシアの人文知の魅力

Очарование гуманитарного знания
России 20-го века

桑野 隆 氏
早稲田大学・総合科学学術院教授
Профессор Такаси Кувано
は盛会のうちに終了しました。
ご来場頂いた皆様に
御礼申し上げます。
 

日本ロシア文学会事務局

〒338-0825
さいたま市桜区下大久保255

埼玉大学人文社会科学研究科

野中進研究室気付

日本ロシア文学会事務局

Fax 048-858-3685
「野中進宛」と明記してください。

E-mail: 事務局へのご連絡

 
学会HPの旧版
(2004年2月-2010年5月)は
こちらからご覧頂けます。
 
オンラインユーザー23人

Ганбарэ, Япония!
Письма поддержки из России и других стран мира


Ниже публикуем письма, присланные нам из России и других стран мира после землетрясения, с переводом на японский. Мы хотим еще раз выразить сердечную благодарность нашим иностранным друзьям и коллегам за искренние слова сочувствия и поддержки. Мы очень тронуты такой неожиданно большой международной солидарностью и хотим сказать всем : аригато!


    Мицуёси Нумано
    Президент Японской ассоциации русистов
    31 марта 2011 г., Токио



がんばれ、ヤポーニア!
ロシアおよびその他の国々からの支援のメッセージ


この度の大震災の直後に、ロシアを初めとする多くの国から支援の手紙が送られてきました。以下にそれらの手紙を、日本語訳を添えて掲載させていただきます。外国の友人や同僚の皆様には、今一度、暖かい支援の言葉に対して心からお礼を申し上げます。思いがけずこのような国際的な支援の輪が広がったことに私たちは感激しています。皆さん、ありがとうございます!


  沼野充義
  日本ロシア文学会会長
  2011年3月31日

 

外国から寄せられた支援のメッセージ

2011年3月11日 -- 4月4日

翻訳協力者:小澤裕之、関岳彦、高橋知之、奈倉有里、沼野恭子、平松潤奈

 

2011/04/05

ステパン・ローディン様からのメッセージ

Tweet ThisSend to Facebook | by Gordon

Заголовки газет были похожи на названия фантастических романов или фильмов-катастроф, телерепортажи из Японии были полны ужасающих картин разрушенных зданий и смытых волнами автомобилей. Верить в реальность происходящего не хотелось. Я не узнавал ту Японию, которую видел своими глазами. Пусть это будет лишь отрывок из очередного фильма! Поток информации о бедствии, постигшем Японию, усиливался, волнение нарастало, и всё чаще в голове возникал вопрос: сможет ли Япония справиться с этим кошмаром? И какова же была радость, когда я увидел кадры репортажей с улиц Токио -- люди спокойны, никто не плачет, все по-японски сдержаны, многие скромно улыбаются. Даже в такой сложной ситуации японцы умеют держать себя в руках, проявляют стойкость и подают остальному миру пример того, как достойно вести себя во время беды. На мои встревоженные письма японские друзья отвечали спокойными посланиями и просили только об одном -- не надо волноваться. Этот народ со всем справится, а русским есть чему поучиться у японцев.

Степан Родин, ИВКА РГГУ.


新聞の見出しは空想小説かパニック映画のタイトルのようでしたし、日本からのテレビ中継は、崩壊した建物や波にさらわれた自動車の恐ろしい映像ばかりでした。起こったことの現実性を信じたくありませんでした。私が自分の目で見た日本を、そこに見出すことはできませんでした。これがよくある映画の一シーンだったらよかったのに! 日本をおそった災厄についての情報がますます大きな奔流となって押し寄せ、不安が高まるにつれ、日本はこの悪夢を乗り切れるのだろうか、という問いが何度も頭に浮んできました。そして東京の街からの中継映像――人々は平静を保ち、誰も涙を見せず、日本人らしく落ち着き、多くのひとがつつましく微笑している――を見たとき、私の喜びはどれほどのものだったでしょう。これほど困難な状況においても、日本人は自制する能力をもち、気丈さを発揮し、不幸のただなかでにいかに立派にふるまうべきか、その範を世界に垂れています。私の動揺した手紙に対して、日本の友人たちは冷静な返事をくれ、心配しないでください、とただそれだけを頼んできました。この国の人々はすべてを乗り越えるでしょう。ロシア人は日本人から学ぶところがあると思います。

ステパン・ローディン
ロシア国立人文大学 東洋・古代文化研究所、モスクワ、ロシア


15:32


2018年度の日本ロシア文学会賞

候補をご推薦ください。

推薦募集の締切:
2018年1月31日

詳細はこちら
 

締め切り間近

日本ロシア文学会大賞(2018年度)
受賞候補者推薦のお願い
推薦募集の締切:
2017年12月31日(日)

詳細はこちら
 
掲載依頼・情報の窓口
 

『ロシア語ロシア文学研究』
第50号への投稿エントリーは
2017年11月30日(木曜)24時

をもちまして締め切りました。

 
第 67 回(2017 年度)
定例総会・研究発表会は
盛会のうちに終了しました。
詳細はこちらから

67-я ежегодная  конференция
ЯАР проходит 14-15 октября
в Университете Дзёти.
 
関西支部会報2016/2017 (No2)
を掲載しました。
こちらからご覧ください。

関西支部会報2016/2017(No.2)
 
1033693