三谷惠子新会長よりご挨拶

 

前会長報告とご挨拶 望月哲男

 
2018年度 第68回全国大会掲載のご依頼学会のご案内会則規定等掲載依頼情報学会カレンダーICCEES2015幕張大会過去の全国大会の記録学会賞・学会大賞学会刊行物ロシア関連一般書籍がんばれ、ヤポーニア!よくあるご質問サイトポリシー

日本ロシア文学会事務局

〒338-0825
さいたま市桜区下大久保255

埼玉大学人文社会科学研究科

野中進研究室気付

日本ロシア文学会事務局

Fax 048-858-3685
「野中進宛」と明記してください。

E-mail: 事務局へのご連絡

 
学会HPの旧版
(2004年2月-2010年5月)は
こちらからご覧頂けます。
 
オンラインユーザー84人

Ганбарэ, Япония!
Письма поддержки из России и других стран мира


Ниже публикуем письма, присланные нам из России и других стран мира после землетрясения, с переводом на японский. Мы хотим еще раз выразить сердечную благодарность нашим иностранным друзьям и коллегам за искренние слова сочувствия и поддержки. Мы очень тронуты такой неожиданно большой международной солидарностью и хотим сказать всем : аригато!


    Мицуёси Нумано
    Президент Японской ассоциации русистов
    31 марта 2011 г., Токио



がんばれ、ヤポーニア!
ロシアおよびその他の国々からの支援のメッセージ


この度の大震災の直後に、ロシアを初めとする多くの国から支援の手紙が送られてきました。以下にそれらの手紙を、日本語訳を添えて掲載させていただきます。外国の友人や同僚の皆様には、今一度、暖かい支援の言葉に対して心からお礼を申し上げます。思いがけずこのような国際的な支援の輪が広がったことに私たちは感激しています。皆さん、ありがとうございます!


  沼野充義
  日本ロシア文学会会長
  2011年3月31日

 

外国から寄せられた支援のメッセージ

2011年3月11日 -- 4月4日

翻訳協力者:小澤裕之、関岳彦、高橋知之、奈倉有里、沼野恭子、平松潤奈

 

2011/04/05

アンナ・コズロヴァ様からのメッセージ

Tweet ThisSend to Facebook | by Gordon

Всю эту неделю я живу новостями из Японии, практически непрерывно слушая вещание NHK и на работе и дома. Ужас случившегося с трудом укладывается у меня в сознании, как если бы это произошло со мной и моими близкими. За годы, посвященные изучению японского языка и литературы, я очень полюбила Японию и ее культуру, а год стажировки в Токийском Университете стал самым чудесным и незабываемы годом моей жизни. Думая о том, какая трагедия постигла столь дорогой мне народ, я хочу от всего сердца выразить японцам свои глубочайшие соболезнования.
В детстве я пережила трагедию Чернобыля и теперь с особой тревогой слежу за развитием событий на атомной электростанции Фукусима. Молю Бога и все мировое сообщество, чтобы они помогли как можно скорее урегулировать опасную ситуацию и не допустить ужасных последствий Чернобыльской катастрофы.

Козлова Анна
Торонто-Москва


この一週間、職場でも家でも、事実上常にNHKの放送を聞きながら、日本からのニュースに生活を捧げていました。起こってしまった出来事の恐怖を、それがまるで私と私の親類に起こったかのように、何とか受けて入れています。日本語と日本文学の研究に捧げた時の中で、私は日本とその文化を愛するようになり、また東京大学での実習の一年は、私の人生で最も素晴らしく忘れがたい一年でした。私にとってかくも大切な人々を襲った悲劇のことを考えながら、心から、日本の皆様に深くお見舞い申し上げます。

私は子供のころ、チェルノブイリの悲劇を経験し、そして今特別な不安を抱きながら、福島の原子力発電所で起きた事件の進展を追っています。神様と国際社会に祈ります。可能な限り早く、危険な事態を解決できるよう、チェルノブイリの惨劇の恐ろしい被害が繰り返されぬよう力を貸してください、と。

アンナ・コズロヴァ
トロント--モスクワ、カナダ--ロシア


16:16
学会誌バックナンバー

学会員  1冊1000円
非学会員 1冊3000円

頒布希望の方は事務局まで
メールフォームにて
ご連絡ください。
 
関西支部 会報 2017/2018 (No.2)
を掲載しました。>支部報


 
掲載依頼・情報の窓口
 
学会関連その他の催し
 


 
1186637