学会関連その他の催し
 
第4回日本ロシア文学会大賞
受賞記念講演

20世紀ロシアの人文知の魅力

Очарование гуманитарного знания
России 20-го века

桑野 隆 氏
早稲田大学・総合科学学術院教授
Профессор Такаси Кувано
は盛会のうちに終了しました。
ご来場頂いた皆様に
御礼申し上げます。
 

日本ロシア文学会事務局

〒338-0825
さいたま市桜区下大久保255

埼玉大学人文社会科学研究科

野中進研究室気付

日本ロシア文学会事務局

Fax 048-858-3685
「野中進宛」と明記してください。

E-mail: 事務局へのご連絡

 
学会HPの旧版
(2004年2月-2010年5月)は
こちらからご覧頂けます。
 
オンラインユーザー75人
第60回全国大会(定例総会・研究発表会)

2010年11月5日(金),6(土),7日(日) 熊本学園大学

問い合わせ先: 太田丈太郎
〒862-8680 熊本市大江2丁目5-1 熊本学園大学商学部商学科
tel: 096-364-5161(内線1565)
 

全国大会の情報

2010年 熊本大学 >> 記事詳細

2010/10/06

第60回全国大会 創立60周年記念 プログラム

Tweet ThisSend to Facebook | by Oasis

日本ロシア文学会第60回全国大会―創立60周年記念―プログラム

2010年11月6日(土)―7日(日)
熊本学園大学 (〒862-8680 熊本市大江2丁目5-1)
 
11月5日(金) 15:00--17:00 14号館大ホール

プレシンポジウム
「トークジャム・いまあえて問うロシア文学/つながるコトバ」

出演者:
姜尚中(東京大学大学院教授)
姜信子(作家)
沼野恭子(東京外国語大学教授)

進行役:
太田丈太郎(熊本学園大学商学部教授)

※会場の収容人数に限りがありますので,ご入場いただけない場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳細は次のリンクをご覧さい:http://yaar.jpn.org/jouuxq4l6-86/#_86
 
11月6日(土) 
◆開会式 09:20--09:35 1421教室
 
◆研究発表 09:40--11:55
第1会場(1421教室):文学(A) 司会者:◎長谷見一雄,前田和泉,北見諭
09:40--10:10梶山祐治パステルナーク『ドクトル・ジヴァゴ』における主人公の死
10:15--10:45三好俊介V・F・ホダセヴィチの「たそがれ」―処女詩集に収められなかった三詩篇―
10:50--11:20大森雅子ミハイル・ブルガーコフの作品に見られる聖職者批判
11:25--11:55小椋彩レーミゾフの視覚芸術:1910-1920年代を中心に
   
第2会場(1431教室):言語(B) 司会者: ◎黒岩幸子,山田隆,メーリニコワ・イリーナ
09:40--10:10林田理惠,マルガリータ・カザケーヴィチ到達度評価制度構築のための「国際基準」に準拠したロシア語総合試験開発
10:15--10:45堤正典,小林潔非専攻課程ロシア語教育を考える―習得基準・言語政策・IT
10:50--11:20Шатохина Г.Марь Ванна, Сей Сеич и другие (о редуцированных формах русских личных имен).
11:25--11:55Томита М.В современный методологический подход к обучению русскому языку как иностранному(РКИ): формирование дискурсивной компетенции
   
第3会場(1422教室):芸術・歴史・文化一般など(C)および文学(A) 司会者:◎伊東一郎,番場俊,佐藤正則
09:40--10:10柚木かおり1930--1940年代コストロマ州の新兵の見送りの歌をめぐる社会文化的空間
10:15--10:45熊野谷葉子新旧の資料に見られるコストロマ州のチャストゥーシカ伝承
10:50--11:20乗松亨平ユーリー・ロトマンの記号論における「ロシア・ソヴィエト」
11:25--11:55大塚淑裕バフチンの「敷居」概念の時空間的側面について
   
◆理事会 12:00--13:25 1432教室(送付されたプログラムと会場が違いますのでご注意ください
   
国際シンポジウム:「境界を超えるトルストイ」 13:30--16:30 14号館大ホール
Международный симпозиум "Лев Толстой: сквозь рубежи и межи"

使用言語:ロシア語(一部英語)

司会者:
望月哲男(北海道大学) 

報告者:
佐藤雄亮(モスクワ大学講師)「トルストイ的ヒロイン―超えられない境界」
イネサ・メジボフスカヤ(The New School in NY 准教授)「居住区を超えた対話:トルストイとユダヤ人問題」
ソク・ヨンジュン(高麗大学教授)「トルストイと神経科学」
アレクサンドル・アレクサンドロフ(ロシア科学アカデミーロシア文学研究所研究員)「トルストイの家出と死:1910年11月の紙上論争」

対論者:
ナヂェジダ・ババーエヴァ(国立トルストイ博物館元研究員)
乗松亨平(東京大学助教)

※詳細は次のリンクをご覧ください:http://yaar.jpn.org/jocyntss9-86/#_86
 
◆定例総会 16:40--17:50 1421教室
 
◆懇親会 19:00--21:00 鶴屋ホール
   
  
11月7日(日)
◆研究発表 09:30--11:45
第1会場(1421教室):文学(A) 司会者: ◎松本賢一,坂庭淳史,秦野一宏
09:30--10:00山路明日太レールモントフ作品における馬と人間の対照
10:05--10:35安達大輔ゴーゴリの「声」についての一試論
10:40--11:10粕谷典子『ルージン』における「客観的な語り」の模索
11:15--11:45木寺律子『カラマーゾフの兄弟』における星と花
   
第2会場(1431教室):言語(B)司会者:◎佐藤昭裕,芳之内雄二,臼山利信
09:30--10:00丸山由紀子モスクワ時代初期の聖者伝における双数形の用法―エピファニイ・プレムードルィとパホーミィ・ロゴフェートを中心に―
10:05--10:35Казакевич М.Русский язык в диаспоре.
10:40--11:10エフィーモワ・ゾーヤロシア語の慣用句"в самом деле"と"на самом деле"の使用とその日本語訳について
11:15--11:45鈴木理奈数量性の機能・意味的「場」と定語的表現による数量性の機能・意味的カテゴリー
   
第3会場(1422教室):芸術・歴史・文化一般など(C)および文学(A) 司会者:◎村田真一,草野慶子,長谷川章
09:30--10:00平野恵美子20世紀初頭ロシア帝室劇場のバレエとオペラのレパートリー
10:05--10:35伊藤愉メイエルホリドの音楽的リアリズムについて―1926年『査察官』の演出
10:40--11:10大野斉子調香師エルネスト・ボー 「シャネルNo.5」の創造者
11:15--11:45小澤裕之20世紀初頭のロシア文学における個性の問題―ハルムスの作品を巡って―
   
◆各種委員会 11:50--13:00
演習室A(広報委員会),演習室B(編集委員会)
   
◆研究発表 13:05--14:45
第1会場(1421教室):文学(A) 司会者:◎沼野恭子,岩本和久
13:05--13:35Малерова И.Мотивы обряда инициации в романах "Охота на овец" Харуки Мураками и "Чапаев и Пустота" Виктора Пелевина
13:40--14:10松下隆志脱構築から再構築へ―ウラジーミル・ソローキンのゼロ世代の創作を巡って―
   
第2会場(1431教室):文学(A) 司会者:◎木村崇
13:05--13:35ヨコタ村上孝之ユダヤ系ロシア文学と反コスモポリタニズム運動―普遍主義再生の(不)可能性を探る―
13:40--14:10坂中紀夫日記と『作家の日記』―自己物語の形と機能―
   
第3会場(1422教室):芸術・歴史・文化一般など(C)および文学(A) 司会者:◎渡辺雅司,安村仁志
13:05--13:35Сивакова С.Воскресные школы для билингвальных детей и детей-мигрантов в Токио - особенности, проблемы, перспективы
13:40--14:10宮崎千穂梅毒と開港場医療―1860年前後におけるロシア艦隊による梅毒治療―
14:15--14:45有泉和子日露戦争に至る道第二部―三国干渉と義和団事件
   
司会者の◎は各ブロックの責任者(担当理事)
   
ワークショップ「トルストイとドストエフスキー再考」 14:15--16:15 1421教室
報告者:諫早勇一,鈴木淳一,越野剛,望月哲男
 
〈受付・本部〉3階第4会議室
〈休憩室〉 3階第3会議室(送付されたプログラムと場所が違いますのでご注意ください
〈販売・展示〉 2階第2会議室
   
問い合わせ先: 太田丈太郎
〒862-8680 熊本市大江2丁目5-1 熊本学園大学商学部商学科
tel: 096-364-5161(内線1565)

11:15 | プログラム
掲載依頼・情報の窓口
 
第 67 回(2017 年度)
定例総会・研究発表会は
盛会のうちに終了しました。
詳細はこちらから

67-я ежегодная  конференция
ЯАР проходит 14-15 октября
в Университете Дзёти.
 
関西支部会報2016/2017 (No2)
を掲載しました。
こちらからご覧ください。

関西支部会報2016/2017(No.2)
 
1008285