日本ロシア文学会会長
三谷惠子
 

三谷惠子新会長よりご挨拶

 

ロシア文学会会費について
(正会員向け)

(2020年8月28日)

日本ロシア文学事務局
 
掲載のご依頼学会のご案内2020年 阪大・オンライン大会会則規定等掲載依頼情報学会カレンダーICCEES2015幕張大会過去の全国大会の記録学会賞・学会大賞学会刊行物ロシア関連一般書籍がんばれ、ヤポーニア!よくあるご質問サイトポリシーエッセイその他

 

日本ロシア文学会事務局

Сектретариат ЯАР

〔書記〕
〒060-0809
札幌市北区北9条西7丁目
北海道大学
スラブ・ユーラシア研究センター
安達大輔研究室内

〔庶務会計〕
〒338-0825
さいたま市桜区下大久保255
埼玉大学人文社会科学研究科
野中進研究室内

E-mail(共通):
yaar@yaar.jpn.org
 
学会誌バックナンバー

学会員  1冊1000円
非学会員 1冊3000円

頒布希望の方は事務局まで
メールフォームにて
ご連絡ください。
 
学会HPの旧版
(2004年2月-2010年5月)は
こちらからご覧頂けます。
 
オンラインユーザー17人
Регистрация на 70-й конференции ЯАР на онлайн
日本ロシア文学会第70回大会(研究発表会・総会)の
事前登録と資料の配布について
(2020年10月23日)

日本ロシア文学会第70回大会は、10月31日(土)・11月1日(日)の両日、オンライン方式で開催されます

【事前登録について】 大会への参加のためには事前登録が必要ですので、次のリンク先の文書をご確認のうえ、登録をお願いいたします。


※ 報告者、司会、討論者の方も、この事前登録が必要です。

※ 登録期間は本日から、原則として10月29日(木)までです。
 
今年度の全国大会(研究発表会・総会)は、10月31日(土)・11月1日(日)の両日、全面オンライン方式によって開催いたします。参加のための事前登録や当日の参加方法については、皆様のお手元に郵送しました大会資料集1ー2ページ(下記リンクからも閲覧できます)と、資料集に同封の「Zoomの使い方」をご参照ください。


О том, как участвовать в 70-й конференции ЯАР на онлайн

 

В этом году конференция ЯАР будет проводиться на онлайн31 октября (суббота) и 1 ноября (воскресенье). О предварительной регистрациидля участия в конференции, и том, как принять участие в назначенные дни,пожалуйста, обратитесь к странице 1-2 материалов конференции, которые былиотправлены Вам по почте (также доступных по ссылке ниже), и Zoomの使い方」("Как использовать Zoom"), приложенным к материалам.

 

 

本会会員で、元会長の米川哲夫氏が9月18日にご逝去されました(享年95歳)。
衷心よりご冥福をお祈りいたします。

米川哲夫先生を悼む 沼野充義

 

学会からのお知らせ Мероприятия ЯАР


2020/08/29

シンポジウム「コロナをプラスに転じる多言語教育」

Tweet ThisSend to Facebook | by yaar
公開オンラインシンポジウムのお知らせ

主 催:日本外国語教育推進機構(JACTFL)
日 時:2020年9月5日(日)15:00ー
題 名:第2回 JACTFLオンラインシンポジウム「コロナをプラスに転じる多言語教育」
会 場:Zoom(アドレスは申し込み完了者に前日までにお伝えします。届かない場合は  office@jactfl.or.jp までお問い合わせください)
参加費:無料

プログラム(予定)
15:00ー #開会・趣旨説明# 山崎 吉朗(JACTFL理事長)
15:05ー #基調講演# 「「複言語学習のすすめ」の実践と課題
     ーオンライン授業でできたこと、できなかったことー(仮)」
     岩居 弘樹 (大阪大学サイバーメディアセンター)
15:45ー #実践報告(小学校)# 「つながり ーヒトモノコトー」
     藤木謙壮(備前市教育委員会)
16:05ー #実践報告(大学)# 「市民講座「複言語学習のススメ」で
     耳と口を鍛えよう」
     大前智美(大阪大学サイバーメディアセンター)

16:25ー16:40 #休憩#

16:40ー #実践報告(大学)# 「フランス語のオンライン授業報告(仮)」
     柴田 まり子(文化学園大学、東洋英和女学院大学)
     西部 由里子(慶應義塾大学)
17:00ー #実践報告(高等学校)# 「高校生用韓国語検定試験開発研究会の
     活動について ー初年度の実績とオンライン試験開発の可能性ー」
     黒澤 眞爾(関東国際高等学校)
17:20ー #国外の現状報告(ロシア)# 「ロシアでオンライン授業を受けて
     ーモスクワ市立教育大学の事例からー」
     米山 貴文(筑波大学大学院博士課程)
17:40ー #実践報告(高等学校)# 「日韓オンライン交流の発表(仮)」
     原田 智津子(秋田能代松陽高等学校)
18:00ー #国外の現状報告(ドイツ)# 「コロナ状況下での日本語授業の現場報告
     ーデュッセルドルフ大学現代日本学科の場合ー」
     浜津 大輔(デュッセルドルフ大学)
18:20ー #閉会・挨拶#
     山崎 吉朗(JACTFL理事長)

--------------------------------
日本ロシア文学会 広報委員会
pr@yaar.jpn.org

17:16