学会関連その他の催し
 
第4回日本ロシア文学会大賞
受賞記念講演

20世紀ロシアの人文知の魅力

Очарование гуманитарного знания
России 20-го века

桑野 隆 氏
早稲田大学・総合科学学術院教授
Профессор Такаси Кувано
は盛会のうちに終了しました。
ご来場頂いた皆様に
御礼申し上げます。
 

日本ロシア文学会事務局

〒338-0825
さいたま市桜区下大久保255

埼玉大学人文社会科学研究科

野中進研究室気付

日本ロシア文学会事務局

Fax 048-858-3685
「野中進宛」と明記してください。

E-mail: 事務局へのご連絡

 
学会HPの旧版
(2004年2月-2010年5月)は
こちらからご覧頂けます。
 
オンラインユーザー44人

Ганбарэ, Япония!
Письма поддержки из России и других стран мира


Ниже публикуем письма, присланные нам из России и других стран мира после землетрясения, с переводом на японский. Мы хотим еще раз выразить сердечную благодарность нашим иностранным друзьям и коллегам за искренние слова сочувствия и поддержки. Мы очень тронуты такой неожиданно большой международной солидарностью и хотим сказать всем : аригато!


    Мицуёси Нумано
    Президент Японской ассоциации русистов
    31 марта 2011 г., Токио



がんばれ、ヤポーニア!
ロシアおよびその他の国々からの支援のメッセージ


この度の大震災の直後に、ロシアを初めとする多くの国から支援の手紙が送られてきました。以下にそれらの手紙を、日本語訳を添えて掲載させていただきます。外国の友人や同僚の皆様には、今一度、暖かい支援の言葉に対して心からお礼を申し上げます。思いがけずこのような国際的な支援の輪が広がったことに私たちは感激しています。皆さん、ありがとうございます!


  沼野充義
  日本ロシア文学会会長
  2011年3月31日

 

外国から寄せられた支援のメッセージ

2011年3月11日 -- 4月4日

翻訳協力者:小澤裕之、関岳彦、高橋知之、奈倉有里、沼野恭子、平松潤奈

 

2011/04/05

マイケル・フィンク様からのメッセージ

Tweet ThisSend to Facebook | by Gordon

The news reports suggest that you and all your students and colleagues in the Tokyo area should be safe; but such a catastrophe must be affecting you all in ways I can hardly imagine, and many must have family and friends in the areas most devastated. I just wanted to let you know that I'm thinking of you. If you think of any way that your colleagues and friends over here might be helpful now or in the weeks and months to come, please do let me know.

Michael Finke, Professor and Head
Dept. of Slavic Languages and Literatures
University of Illinois at Urbana-Champaign

 ニュースの報道からは、東京の同僚と学生の皆さんが無事であるだろうと察せられます。しかしこれほどの惨事であれば、私には想像もできないところでみなさんに影響が及んでいることでしょう。もっとも被害の大きかった地域にご家族や友人のいらっしゃる方も多いと思います。私はただ、私が常にみなさんのことを思っているということをお伝えしたい。もし、すぐにでもあるいは数週間後でも数ヵ月後でも、こちらに来る方の何か助けになることがあれば、ぜひ知らせてください。

マイケル・フィンク
イリノイ大学アーバナ‐シャンペーン校 スラヴ言語文学科長、教授


16:36
掲載依頼・情報の窓口
 
第67回大会プレシンポジウム

二葉亭四迷再考ーー
人物、文体、可能性

Пересмотр Фтабатэя Симэя:
личность, стиль, возможности

は盛会のうちに終了しました。
ご来場頂いた皆様に御礼
申し上げます。
 
第 67 回(2017 年度)
定例総会・研究発表会は
盛会のうちに終了しました。
詳細はこちらから

67-я ежегодная  конференция
ЯАР проходит 14-15 октября
в Университете Дзёти.
 
関西支部会報2016/2017 (No2)
を掲載しました。
こちらからご覧ください。

関西支部会報2016/2017(No.2)
 
1007651