三谷惠子新会長よりご挨拶

 

前会長報告とご挨拶 望月哲男

 
2018年度 第68回全国大会掲載のご依頼学会のご案内会則規定等掲載依頼情報学会カレンダーICCEES2015幕張大会過去の全国大会の記録学会賞・学会大賞学会刊行物ロシア関連一般書籍がんばれ、ヤポーニア!よくあるご質問サイトポリシー

日本ロシア文学会事務局

〒338-0825
さいたま市桜区下大久保255

埼玉大学人文社会科学研究科

野中進研究室気付

日本ロシア文学会事務局

Fax 048-858-3685
「野中進宛」と明記してください。

E-mail: 事務局へのご連絡

 
学会HPの旧版
(2004年2月-2010年5月)は
こちらからご覧頂けます。
 
オンラインユーザー21人

2018年のロシア文学会(第68回大会報告をかねて) 会長 三谷惠子

PDF版

2018年のロシア文学会全国大会は、10月26日(金)のプレシンポジウムを皮切りに27日(土)、28日(日)と、名古屋外国語大学を会場として開催されました。

プレシポジウム『カタストロフィの想像力とロシア文化』では、作家の平野啓一郎さんによる記念講演、また亀山郁夫名古屋外国語大学学長ならびに本学会員の中澤敦夫氏、乗松亨平氏の3名によるシンポジウムが行われました。平日夕方の開催にもかかわらず150名ほどの聴衆が集まったのは、講師陣の豪華な顔ぶれのためばかりではなく、「カタストロフィ」という、さまざまな意味で今日的な問題がテーマであったということにもよるでしょう。

27日、28日の大会では、研究発表会、総会、また2018年大賞受賞者である埼玉大学教授澤田和彦氏による記念講演が行われました。研究発表会には、国際参加枠による台湾からの発表者3名を含む26件の個別発表、2件のパネル、加えて日本ロシア文学会とカザン連邦大学の研究者による合同国際シンポジウムがありました。秋晴れのすがすがしい名古屋外国語大学キャンパスで、多くの学会員が集いさまざまな議論を交わす機会になったと思います。会場校関係者、また今大会関係各委員会の皆様に感謝申し上げます。
 

学会からのお知らせ Мероприятия ЯАР


2018/01/09

若手ワークショップ企画支援プロジェクト 募集要項(修正あり)

Tweet ThisSend to Facebook | by yaar
若手ワークショップ企画支援プロジェクト 募集要項(2018年1月9日 朱字部分修正)

日本ロシア文学会
会長 三谷惠子
2017年12月

1. 趣旨
(1)日本ロシア文学会は、本学会の活動促進と若手会員の業績形成支援の一環として、若手会員の主導によるワークショップ開催に対し経費を助成します。ワークショップの内容は、日本ロシア文学会の活動趣旨に合致したものとします(会則規則第2条参照)。
(2)企画の採否は、ワークショップの内容、意義、経費の妥当性などを考慮の上、決定します。

2. 助成金
(1)助成額は最大10万円です。
(2)ワークショップ開催期間は2018年5月1日から2019年3月31日までの間です。
(3)助成金の使途は以下のとおりです。他の助成金と使途が重複してはいけません。ただし他の経費(科研費や大学研究費)の使途を書類上明確に区分する場合は合算使用が可能です。
 a. ワークショップ開催のための費用(旅費、謝金、会場費、資料印刷費等)
 b. その他学会執行部が妥当と認めたもの。

3. 申請条件
(1)ワークショップの代表者は原則として、博士後期課程在籍ないし同課程修了後5年以内の会員 とします。
(2)代表者は申請時点で当該年度の会費を納入していなければなりません。
(3)ワークショップ企画にさいし、ワークショップの内容に合致した分野で実績のある会員をアドヴァイザーとして企画に加えてください。アドヴァイザーがワークショップ参加者を兼ねることは可能です。アドヴァイザーには、自身の経験をもとに、ワークショップ開催に関して指導と助言を与えることが期待されます。
(4)ワークショップの企画・実施は、代表者を中心に2つ以上の異なる研究機関に所属する学会若手会員が行うものとします。参加者に修士課程在籍以上の非会員を加えることは可能ですが、参加者の半数以上を非会員が占めるような構成は認められません。
(5)開催場所・開催時期の指定はありません。指定の期間内にワークショップを開催してください。ただし全国大会等の学会行事と重複しないように注意してください。

4. 申請手続き
(1)申請は企画代表者が行ってください。
(2)申請には所定の申請用紙を用いてください。
(3)代表者は申請用紙に必要事項を記入し、締め切りまでに電子メールで下記までお送りください。
 締め切り 2018年3月31日(木)24:00 (必着)
 提出先   日本ロシア文学会事務局 (yaar@yaar.jpn.org)
           ※件名に「若手ワークショップ企画申請」と明記してください。
(4)申請書の差し替えや訂正は認めません(記載内容に不備のある場合は選考の対象外となりますのでご注意ください)

5. 採否と助成額の決定
(1)申請された企画の採否および助成金額は学会執行部で審議し、決定します。採否結果は会長からすみやかに代表者に通知します。
(2)申請額の全額が助成されるとは限りません。
(3)採択後に大幅に計画を変更することはできません。

6. ワークショップの実施
(1)助成金は企画代表者の指定する銀行口座に振り込みます。代表者は会計簿を作成して助成金の管理を行ってください。
(2)すべての支出に対して「日本ロシア文学会」宛ての領収書を取ってください。学会宛領収書を取ることができない場合には、ワークショップ開催との関係が明らかになるような領収書でも可とします。領収書はワークショップ終了まで保管してください。
(3)旅費・謝金の支出に際しては、日本学術振興会が定めるガイドラインまたはアドヴァイザーが所属する研究機関の定めるガイドラインに依拠してください。
(4)計画の変更が必要になった場合や、助成金の使途について不明な点がある場合は、事務局に問い合わせてください。
(5)助成額の全額を使い切る必要はありません。支出は必要不可欠なもののみんとし、できるだけ節約に努めてください。助成金の残額は学会に返金していただきます。残金が生じたことで、次回応募時の選考に影響が及ぶようなことはありません。
(6)ワークショプの実施にさいしてはポスター等を作成し、学会ホームページで周知してください。またポスター等には「日本ロシア文学会若手ワークショップ企画支援プロジェクト」による旨を明記してください。
(8)本制度の趣旨に反する行為や、研究者としての倫理に反する行為があった場合には、ワークショップの開催前か開催後かを問わず、助成を取り消します。その場合、プロジェクトの代表者は助成金を全額返納しなければなりません。

7. ワークショップ終了後
(1)企画代表者は、ワークショップ終了後すみやかに(i)実施報告書、(ii)会計報告書を会長に提出してください。両報告書に対する評価を執行部で行い、会長が理事会で報告します。
(2)ワークショップの成果は学会ホームページに公開してください。またワークショップ参加者はその成果を学会誌等の学術誌に投稿することが期待されます。

8 問い合わせ先

2018年1月9日修正(朱字部分)
00:00

2018年10月27日(土)から?28日(日)まで?名古屋外国語大学で行われた?2018年度第68回定例総会・研究発表会は盛会のうちに終了しました。?詳細はリンク先からご覧ください。

 

『ロシア語ロシア文学研究』第51号への投稿エントリー

 
掲載依頼・情報の窓口
 
学会関連その他の催し
 

 
学会誌バックナンバー

学会員  1冊1000円
非学会員 1冊3000円

頒布希望の方は事務局まで
メールフォームにて
ご連絡ください。
 
関西支部 会報 2017/2018 (No.2)
を掲載しました。>支部報


 
1211302