三谷惠子新会長よりご挨拶

 

前会長報告とご挨拶 望月哲男

 
2018年度 第68回全国大会掲載のご依頼学会のご案内会則規定等掲載依頼情報学会カレンダーICCEES2015幕張大会過去の全国大会の記録学会賞・学会大賞学会刊行物ロシア関連一般書籍がんばれ、ヤポーニア!よくあるご質問サイトポリシー

日本ロシア文学会事務局

〒338-0825
さいたま市桜区下大久保255

埼玉大学人文社会科学研究科

野中進研究室気付

日本ロシア文学会事務局

Fax 048-858-3685
「野中進宛」と明記してください。

E-mail: 事務局へのご連絡

 
学会HPの旧版
(2004年2月-2010年5月)は
こちらからご覧頂けます。
 
オンラインユーザー3人

2018年のロシア文学会(第68回大会報告をかねて) 会長 三谷惠子

PDF版

2018年のロシア文学会全国大会は、10月26日(金)のプレシンポジウムを皮切りに27日(土)、28日(日)と、名古屋外国語大学を会場として開催されました。

プレシポジウム『カタストロフィの想像力とロシア文化』では、作家の平野啓一郎さんによる記念講演、また亀山郁夫名古屋外国語大学学長ならびに本学会員の中澤敦夫氏、乗松亨平氏の3名によるシンポジウムが行われました。平日夕方の開催にもかかわらず150名ほどの聴衆が集まったのは、講師陣の豪華な顔ぶれのためばかりではなく、「カタストロフィ」という、さまざまな意味で今日的な問題がテーマであったということにもよるでしょう。

27日、28日の大会では、研究発表会、総会、また2018年大賞受賞者である埼玉大学教授澤田和彦氏による記念講演が行われました。研究発表会には、国際参加枠による台湾からの発表者3名を含む26件の個別発表、2件のパネル、加えて日本ロシア文学会とカザン連邦大学の研究者による合同国際シンポジウムがありました。秋晴れのすがすがしい名古屋外国語大学キャンパスで、多くの学会員が集いさまざまな議論を交わす機会になったと思います。会場校関係者、また今大会関係各委員会の皆様に感謝申し上げます。
 

学会からのお知らせ Мероприятия ЯАР


2018/02/07

講演会「南極ビエンナーレ 科学と芸術の調和を求めて」

Tweet ThisSend to Facebook | by yaar
アレクサンドル・ポノマリョフ講演会「南極ビエンナーレ 科学と芸術の調和を求めて」

ヴェネツィア・ビエンナーレ、瀬戸内国際芸術祭等で活躍を続けるロシアの著名な現代美術作家であり、2017年3月に世界初の南極ビエンナーレをコミッショナーとして実現させたアレクサンドル・ポノマリョフ氏を迎えて、国家に属さない公共空間である南極で芸術祭を行う意義、芸術家・科学者・哲学者・詩人らの共同事業としての南極ビエンナーレの成果、第2回南極ビエンナーレの展望、科学と芸術の融合、芸術家や科学者の役割についてお話を伺います。

日時:2018年2月23日(金)14:00-16:00 (開場 13:45) 
逐次通訳付・予約不要・入場無料 

司会:鴻野わか菜(千葉大学人文科学研究院・准教授) 

会場:千葉大学西千葉キャンパス 
千葉大学アカデミックリンクセンターI棟1階セミナー室「まなび」
千葉市稲毛区弥生町1−33

問い合わせ先:鴻野 E-mail: kono@chiba-u.jp (@を半角に変えて下さい)
URL:http://www.l.chiba-u.ac.jp/topics/53.html
チラシはこちらからご覧いただけます。 (ポノマリョフ 南極ビエンナーレ講演会.pdf)

主催:千葉大学文学部
(千葉大学文学部はユネスコと共に、南極ビエンナーレを後援しています)
助成:ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ (連携型)


01:38

2018年10月27日(土)から?28日(日)まで?名古屋外国語大学で行われた?2018年度第68回定例総会・研究発表会は盛会のうちに終了しました。?詳細はリンク先からご覧ください。

 

『ロシア語ロシア文学研究』第51号への投稿エントリー

 
掲載依頼・情報の窓口
 
学会関連その他の催し
 

 
学会誌バックナンバー

学会員  1冊1000円
非学会員 1冊3000円

頒布希望の方は事務局まで
メールフォームにて
ご連絡ください。
 
関西支部 会報 2017/2018 (No.2)
を掲載しました。>支部報


 
1211616